読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらねこきままぶろぐ

なんにでも興味を示したおかげで趣味多才の波乱万丈(?)なブログ。主にゲーム、釣り、ウィンドサーフィン、ハンドメイドなど

ずっと気になっていたKindle Paperwhite端末を購入してみました。

買い物

ちょいちょい本を読むのですが、最近本棚を作るのをやめてしまったので電子書籍ばかり読んでいるので気になっていたKindel。

アマゾンのを覗くとkindelの機種で4000円引きクーポンを出している様子。

www.amazon.co.jp

これはチャンスだと、1台買ってみることにしました。もちろん、お財布には限りがあるので2万以内で済ませたいと思います。

どの機種がいいのだろうか

ざっと見た感じでamazonで出ているのは4タイプで一番安いのは8980円の通常タイプ+キャンペン情報付のもの。そこから4000円引きなので4980円で購入できる。

が一番安いタイプはキャンペーン情報付&内臓ライトがついていない、解析度が4タイプで1番下のランクである。

 

 

またキャンペーン情報なしのタイプは10980円と2000円近く値上がっている。

下記のリンクで裏ワザと紹介されているキャンペーン情報を消すこともできるらしいが問い合わせの手間を考えるとあまりおすすめではありません。(心が強い人なら問題なし!)

www.kenkihou.com

 

.では次の1個上位ランクのKindle Paperwhiteは14280円でキャンペーン有+内臓ライト付です。

こちらのタイプは無料の3Gを付けれるそうですが、だいたいのダウンロードできる本では3Gではダウンロードできないのとともにバッテリー消費も悪くなるとのレビューが多いのでお勧めしません。

夜でも読める内臓ライトとwifi、キャンペーン情報なしで16280円、クーポン使用で12280円になります。ちょっと奮発してこちらに目星をつけます。

そして他の上位は2万といいお値段を越えるのでお財布に余裕がある方にお勧めです。

 

Kindle Paperwhite (第6世代) ―Wi-Fi

Kindle Paperwhite (第6世代) ―Wi-Fi

 

 

またkindelは修理ではなく、交換での補償なので保険にも入っておくことをお勧めします。Amazon CAPTCHA

またお風呂で読めるように防水ケースもかいました。

多少サイズは大きいかったが値段も千円以内なのでおすすめです。 

 

つかいごこち

電源ボタンがあるのをしらなくて最初は必死にスワイプしてました。説明書はだらだらをありますが日本語は2ページほどしかありません。自分で調べてね♪感がすごいです。

f:id:soraneko0912:20160805010048j:image

日本語に設定した後は表示される指示にしたがって設定を行えば問題なく進みます。

もちろんwifiがない環境だと設定や本ダウンロードが行えません。ダウンロード後は電波のないところでも読めます。

 

 f:id:soraneko0912:20160805010105j:image

しばらくすると自動で画面が落ちるようですが、なんとも言えない絵が多くこれなんかは一瞬画面が割れてるのかと思いすごくびっくりしました。

f:id:soraneko0912:20160805010114j:image

女性が片手では持つのは厳しいですが、重さはそんなに重くなくいいです。明るいところで読んでても本当に画面は反射したりしないので、とても見やすいのは感動しました。

たぶん浜辺の燦々と輝く多様の下でも問題なく読めそうです。泳がないのか泳げないのかは別として

 

ちなみに先ほど紹介した防水ケースに入れた感じはこんな感じです。やはりちょっと大きい。お風呂場で使用しましたか問題なし。紐もついてるので便利です。今回は使わなかったけど(笑)

f:id:soraneko0912:20160805010153j:image

 

また、一昨日くらいから読み放題プラン月額980円が始まり、トライアル期間なのでぜひこの機会に購入してみてはいかがですか?

読み放題プランにも参加したのですが、その記事はまた今度。